「なかなかスッキリしない」肩/腰/首/ふくらはぎ など気になる方はゼヒ一度感動ケアをご体験ください!

従来のもみほぐしとの相違点

(今の痛みを早くにゆるめること)を目指すのが一般的な[もみほぐし]ですが

[筋膜リリース]は、じつはもみほぐしとは逆転の発想と当サロンでは考えます。

本来は、しんどくなる経緯(原因)があったから(結果)として今の痛みになったはず。

しかし経緯不明のままなら、いつもの生活を続けるかぎり、不快感が定期的に発生する体内環境は変わらないということ。

ナゼ、その経緯を疑問視し少しでも原因を解放させ整えなおすケアが、筋膜リリース矯正なのです。

筋膜リリースとは

筋膜の役割とは

筋膜というと筋肉が一番有名ですが、私たちが繊細な動きをするために薄い組織膜によって1つずつの筋が包み込まれており、さらに機能ごとに大きな筋膜に包まれることで、身体を動きやすくしてます。

筋膜療法とは

筋膜療法は、赤ちゃんの発育過程を元に産まれた療法で、貴方の持っているターンオーバーと向き合ってタイミングを測りながら、徐々に各層に出来てしまったコラーゲンの緊張であるシワを手技のみで綺麗に整理整頓整していきます。
栄養のムラも減り、身体も動きやすくなっていく施術が終わった後は、とくに爽快感を感じます。

 つまり、筋膜とは筋肉を包む膜のことです。ボディースーツのような膜が体全体に張り巡らされ、皮膚を含め表層から深層まで立体的に包み込むため、組織を支える「第二の骨格」であるといわれています。しかし生きとし生けるものは、加齢など含め日々身体を酷使するため筋膜の癒着が発生し、コリや痛みを招き、筋肉の柔軟性を損なう原因になっています。

 

私達は普段、立ったり、歩いたりの動作を意識せずに行っていますが、そのプロセスには「コラーゲン」が大きな鍵を握っています。

私達は何も知らずに、ハリがなくなると化粧水などで外からコラーゲンを入れたりお手入れをしています。それでも、歳を重ねると肌には残念ながら”シワ”が生まれます。
シワは、そもそもコラーゲンが加齢の影響も受け変質してしまった事が原因です。

しかし、シワは表面だけではなく、もっと奥の層にも存在し、その奥にさらに深い理由や原因があり、そのシワはお顔だけでなく、全身にシワが波打ち起きているので、実は相当厄介なんです。

歳を重ねるほどに、綺麗に痩せにくくなるのは、肌が層ごとに波打つことで、緊張が24時間365日発生し、動きに限界が生じてきています。
良い栄養を得てもムラになって送られるため、乾燥しやすかったり、キレイに全身くまなく届けることが出来なくなってきてしまうのです。
そして層ごとに波打っているので、簡単にケアしにくくなり、肩こりや腰痛などの疲れも、そんな膜の緊張である見えないシワが、無意識にあっちこっちと拮抗しながら協力しあって作られています。

筋膜の役割とは

各組織を包み込み、組織と組織の間に仕切りをつくることで本来の機能の維持をしつつ、同時にお互いの関連性も高め、歩いたりなどの体の姿勢を保つ役割を持ちます。
組織同士がこすれあうことで起きる摩擦から損傷から身を守っています。
筋膜は、筋線維を包んでいる3つ(筋外膜、筋周膜、筋内膜)に構成された構造からできているが、筋線維の動きを支え、力の伝達を行いやすくしています。

筋膜の特性とは

 筋膜自身は「コラーゲン」でできており、85%が水分です。その為、コラーゲンと水分の特性を知り見極める必要があります。つまり体内で起きる乾燥を理解しなければなりません。

 コラーゲンリルークセラピーの他に無い特徴の1つもそこにあります。

 私達は永遠に若いと思ってしまい、自覚がないまま潤いのない身体に変化したことに気づかない方が多いため、若い頃と同じように動いてしまいがちです。ボディスーツと先程ご説明しましたが、潤いがないということは、そのボディスーツが、メンテナンスをしてなければ、いつのまにかカピカピになっているということ。

 私達の日常は、家事や育児、介護に仕事で常に戦場のような状態です。
何かしらのストレスや、同じ姿勢での長時間作業が続くことで、筋肉の柔軟性の低下が引き起こります。
カピカピのボディスーツな上に、動きの制限が起きることで、筋膜同士が癒着しやすくなり、ますます筋肉自体の動きを阻害してしまいます。
また筋膜は全身を覆っている組織ですので、その影響の範囲は広く、一箇所に負担が起きれば、痛みが多方面に影響します。例えば、足首をくじいた経験がある方が、肘や腰の調子が悪くなるのはそのためなんですね。
それでも歩くなど生活するために支障を小さくするのも、筋膜があるからこそ。筋膜があるからこそ負担を分散させることで成り立たせているのです。

筋膜のリリースとは

 筋肉がスムーズに動くためには、筋膜に邪魔するものなどなく、本来の位置で本来やるべき仕事をすることが大切になってきます。筋膜への萎縮や癒着などの負担や緊張を取り除き、柔らかく滑りやすくなるように解きほぐすことを「筋膜リリース」と一般に言います。

 とくに筋膜リリースを行うことで、癒着した筋膜を丁寧にはがすし、本来備わった筋肉の柔軟性を引き出し、関節の可動域を拡大します。筋膜リリースがときに「整膜」や「筋膜はがし」と翻訳されて呼ばれる理由もここにあります。

 単なる整体では、この癒着はキレイにはがすことができません。そのため筋肉本体は一時的に柔軟性を取り戻しても、筋膜は機能を取り戻してないため、時間の経過とともに再び筋膜、筋肉は、萎縮してしまう結果になっていました。

コラーゲンリルークセラピーでは

 同じ筋膜リリースでも、はがすために「こすること」を推奨している技術もありますが、コラーゲンリルークセラピーでは、こすることはお身体の負担になると考えてます。こすることは皮膚自体を傷つけることだからです。
わたし自体こすられた後で、酔ってしまって気分が悪くなったり、アザになったりしてきました。
お客さまのもともとのコラーゲンも整え直すことを含めた筋膜リリースを心がけてます。
身体の構造も考えつつトリガーポイントを的確に見つけ、少しでもキレイにはがしことでコラーゲンを大切にしたい。今あるコラーゲンが整えば、充分に潤いある身体になります。カピカピしたスーツから、クリーニングしたてのボディスーツのように筋膜がなれば、適度に潤った身体で滑らかに動くことができ、デトックスもしやすいので、日々の疲れも溜まりにくくなります。
その為のオリジナルの指圧やストレッチ、時にはオイルなどを取り入れることで、身体の負担を軽減しております。
ぜひ、当サロンのコラーゲンリルークセラピーをお試しください。